マインドフルネス

マインドフルネスという言葉を聞いたことがありますか。ストレスがたまる社会の中で生活していると当然のように心が弱ってきます。マインドフルネスは禅のように瞑想して心を落ち着かせるようにできることです。これは最近の脳科学で証明されています。

マインドフルネスによってストレスを抑え、心を落ち着かせることです。似たようなものに般若心経の写経があります。写経の場合は最初のうちはうまく書けませんが何枚も書いていき慣れてくると同様の効果があります。
人間は外界との反応を新陳代謝で受け止めようとしています。大きな圧力がかかるとそれに反応することです。体を押されれば押し戻そうとすることです。しかし、押しかえせない負荷がかかる、あるいは返せないと思われるような圧力がかかるとどうしようかと不安になります。これがストレスです。これが長期にわたると”うつ”てき状態になります。

“イヤ”な状態は誰だって避けて通りたい。そこから逃げ出したいと思います。でも短いようでも長い人生の中には避けては通れない道もあります。慣れてくるとマインドフルネスで瞑想することによってあるがまま、そのままに受け入れることができます。心の中の怒り、迷い、不安といった心の散乱やひづみ歪を整理していきます。心のちょうどパソコンのディスクをフォ-マットして初期状態に戻すような働きです。